「対魔導学園35試験小隊」を全巻読んでみました!

対魔導学園

今日紹介する作品は、「対魔導学園35試験小隊」です。アニメが放送されて、気になっていたので全巻読んでみました。

あらすじ

魔力を持つ人間が滅びようとしている世界、武力の頂点の座は剣から魔法、そして銃へと移り変わっていた。
残存する魔力の脅威を取り締まる『異端審問官』の育成機関、通称『対魔導学園』に通う草薙タケルは、銃が全く使えず刀一本で戦う外れ者。そしてそんなタケルが率いる第35試験小隊は、またの名を『雑魚小隊』と呼ぶ、劣等生たちの寄せ集めだった。

全体を通しての感想

物語は、第35試験小隊に「鳳桜花」が配属された所から始まります。主人公の「草薙タケル」は、戦闘の主力である銃を扱う才能が無く、唯一の取り柄である剣術のみで「異端審問官」を目指しています。

しかし剣術の腕前は、かつて剣が兵器の頂点だった時代に最強を誇った「草薙真明流」と化物を斬るための剣術「草薙諸刃流」を修めており、剣に関してならば現代に並ぶ者は無いと称される程の腕前を持っています。

ヒロインの「鳳桜花」は、家族の敵をとるために、本来捕縛のはずの魔女を殺したり。「魔導」に関わる関係者を殺したりと、自分の目的にひたすら突き進むヒロインです。そんなヒロインが、11巻を通して主人公に感化され、少しずつ他人との関わりを持っていくようになります。

主人公は話が進むごとに、大きな事件に巻き込まれます。毎回そこには、鳳桜花の義父であり、対魔導学園の理事長の「鳳颯月」の目的が大きく関わっており、主人公はその思惑に翻弄されながら、毎回登場する敵と戦っていきます。

その事件の中には、主人公の妹がおり、この世界では「百鬼夜行」という、殺されても死なず、本人の意思に関係なく、死を撒き散らす存在で、危険すぎるために、対魔導学園に捕まっています。

主人公は、高額な金額を使い少ない時間のなかで妹に会うことを許されているのですが、主人公の知らないところで、この世の全ての「死に方」で殺され、兵器の実験台や、兵器に扱われたりと、読んでいてキツくなるような扱いをうけます。その妹を救うことが物語と通しての目的になっています。

まとめ

鳳颯月に翻弄されながら、時に目的を見失いそうになりながらも、ひたすらに進み続ける主人公は、とても格好良くその主人公に感化され、成長していく周りのキャラクター達も魅力的で、主人公だけでなく、応援したくなります。作風は全体的に重い雰囲気ですが、王道特有の爽快感もあるので、気になっている人は、一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

対魔導学園

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA