会社の早期希望退職の説明会に参加してみた。

自主退職

入社して1年。入社した辺りから経営が傾き始め、ついに「早期希望退職者募集」が始まりました。

これはブログのネタになると思い、早速会社の早期希望退職の説明会に参加してみました。

早期希望退職制度って?

会社の経営が落ち込むと経費見直しの為に、社員を切ろうとします。しかし会社側から辞めさせることができないので、

経営傾いてるから社員を減らすよ!金あげるからやめたい奴は申請出してね。

っていう制度です。払われる金額やサポートは会社によって変わりますが、ほとんどは給料○ヶ月分+再就職支援ではないかと思います。

ではどんな話があるのか。

社長のお話

まず初めに社長の話があります。要約すると「すまん!会社ヤバイ。経営キツイ。何人か辞めてくれ」とのこと。

経営が厳しくなり、ボーナスカットや役付きの給料カットをしてもダメだったから、従業員を減す為に今回の早期希望退職の説明会を開いたようです。

ヤバイですね。私、就職して1年も経ってないですが…。

早期希望退職制度の説明

総務から早期希望退職制度の説明があります。
主に退職した際のお金やサポートの話や、早期希望退職適応条件などです。

ただここにトラップが仕掛けられています。

早期希望退職適応条件を見ると、「年齢」など様々な条件が書かれていますが、一番注目したいのは「会社が適応できると認めた場合に限り」という部分です。
つまり会社を早期希望退職制度で辞めたいと思っても、会社に認められなければ、この制度で辞めることができません。

会社の認めた時のみということは、会社側で辞めさせたい人が決まっていて、それ以外の人は適応されないということですよね。怖いわー。

退職後のサポートの説明

これは会社によって変わると思います。

私の会社の場合は大手就職支援会社に依頼し、辞めてから再就職できるまでサポートを受けられるようです。また無料相談も受けることができ、その相談の後で転職を決めることができるようになっています。

上司との面談

ここで説明会での内容を詳しく説明され、最後に早期希望退職の意思があるか確認されます。

また、「会社が認めた者のみ、この制度を利用できる」の部分について補足があり、案の定「早期希望退職の届け」を出しても会社に止められることがあるようです。

上司からの説明は淡々としており、クビを言い渡されるのではないかとヒヤヒヤしましたね。

まとめ

結局、早期希望退職制度で辞められるのは会社に選ばれた者だけってことですね。

「会社としても辞めさせたいけど、クビにはできないからお金で辞めてくれねーかな」って感じが現れていてすごく面白い。

今度は、説明会で配られた就職支援会社の無料相談とか受けにいってみようかな。先輩の話が本当かも気になるし。

ではまた!

自主退職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。