「ガヴリールドロップアウト」の1巻・2巻の感想。”駄”天使のガヴリールがだらしないけど可愛い!

ガヴリールドロップアウト

今日アニメ「ガヴリールドロップアウト」の1話先行上映会に参加してきました!

原作では無かった追加シーンなどがあって、原作読んでても楽しめました。

欲に染まった天使や、お節介な悪魔など濃いキャラクターが登場するコメディ漫画になっています。

では感想をどうぞ!

あらすじ

駄天使、降臨。

天使学校主席の天使が地球にやってきた!

……が、地球に馴染みすぎて学校サボりまくりのネトゲ三昧、自堕落生活。駄天使と化したガヴリールが贈るスクールコメディ!

読んでみての感想

まず最初に絵が丁寧に描かれていて、見ているだけでも癒されます。また、話のテンポがよく、ストーリーも面白く下品な表現も無いので安心して読める作品です。

実際の内容は、人間界の娯楽に染まった結果、天使学校主席の肩書きを一切感じさせない生き様を見せる”駄”天使ガヴリールと、料理に掃除、裁縫から洗濯までこなす悪魔のヴィーネ、すげえアホなサターニャ、天使学校を次席卒業で導くと称して行う他人いじりに快感を覚える天使ラフィエルが登場するスクールコメディです。

天使学校卒業直後のガヴリールがコチラ。
天使

欲に染まった駄天使がコチラ
駄天使

1巻では、キャラクター1人1人の背景を丁寧に描いており、キャラクターが増えるにつれてドンドン面白くなっていきます。話の中でガヴリールがアルバイトをするのですが、”駄”天使のガヴリールには当然ちゃんとこなせるハズもなく…。

2巻では、相変わらずキャラクター1人1人が可愛いく描かれており、ガブリールのだらしなさとヴィーネの委員長気質はお約束化した感があります。1巻に比べてラフィエルSっ気が薄まり、話の中でヴィーネとの連携があってかなり打ち解けた感じになっています。

また新キャラクラス委員長も登場します。この委員長も良いキャラしていて、1話しか登場しませんでしたが、この作品の中にいなかったツッコミをしてくれます。そして進路希望を出さないガヴリールに振り回される涙ぐましいキャラです。

まとめ

登場する悪魔の天使ぶり。登場する天使の悪魔ぶりが面白い。ガヴリールとヴィーネだけでなく、サターニャとラフィエルもかなりキャラが立っており、主要キャラの話がバランスよく入っています。2巻では1巻で少なく感じたドS天使ラフィエルとほかのキャラクターの絡みが多くなっています。

気になった人がいれば、下のリンクから1話を読むこともできます。

「ガヴリールドロップアウト」試し読み

全体的に舞台も豊富ですので飽きにく、キャラクターはどれも可愛いので、日常系4コマ漫画が好きな方にオススメです。

是非一度読んでみてください!

ではまた。

ガヴリールドロップアウト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA