見習い魔女の日常を描く優しい雰囲気の作品。「ふらいんぐうぃっち」を読んでみた。

ふらいんぐうぃっち

アニメ化が決定した「ふらいんぐうぃっち」。

マガメガ MAGAMEGAで試し読みをして気に入り購入しました。「魔女」がテーマになっていますが、基本的には日常系で、読んでいるとどこか懐かしさを感じるような作品です。

あらすじ

黒猫のチトと一緒に横浜からやってきた真琴は、青森の親戚の家で暮らしはじめました。実は彼女は魔女。今はまだ空をとぶくらいしかできないけれど、又いとこの圭や千夏たちと毎日げんきに暮らしてます。

黒猫のチトを連れて横浜から青森にやってきた木幡真琴15歳。ちょっと方向音痴な普通の女の子です。これから又いとこの圭や小夏の家で一緒に暮らします。青森の高校にも通いはじめ愉快な友達も出来ました。畑なんかも作って魔女の修行も順調です。

読んでみた感想

魔法が実在する世界ではありますが、比較的リアルな世界観でファンタジー色は薄く、いわゆる日常系に分類される作品です。

15歳になると魔法使いの女の子は、親元を離れ独り立ちしなければならない。

そんな設定で始まるこの作品は、舞台は現代日本の青森で、ヒロインが一人前の魔女になるために親戚の家を訪ねる場面からはじまります。のんびりとヒロインの日常を描きつつ、猫のチトや居候している親戚の家の兄妹、同じ学校の友人との交流を描いています。

世界観が分かりやすく、無駄な説明が無いのでとても読みやすい作品になっています。

ヒロインは、「魔女であることは家族や親戚以外には秘密にしておかなければならない」筈が、自分で話してしまったり、どこか抜けているマイペースなヒロインで、とても親しみ易く周りにすんなりと馴染んで行くのも嫌味がなく良いキャラクターです。

秘密にしなければならないが、基本的に「魔女が普通に居る世界だけど、意外と気付いてない」といった雰囲気で、「魔女」と聞いて少し驚くけど、特別でも何でもなく、「ちょっと変わってる」くらいの反応です。

話の展開は特に何か起こることもなく、かといって普通の女子高生の日常かと思いきや、春の精霊だったり、魔法で昼だけ犬になってしまう魔女や、空飛ぶ鯨など、いろいろ不思議なお客さんなども訪ねてきます。

作中に登場するキャラクターとのやりとりはどこか懐かしさを感じます。雰囲気が優しいので、読み進めると自分の中に染み込んで行くようなそんな作品です。

まとめ

以前紹介した「現代魔女の就職事情」という作品に似ていますが、こっちの作品は「魔女」という要素がメインではなく、女子高生の日常を描いている作品でした。

所々に笑えるシーンや、どこか懐かしさを感じるシーンがあるなど読んでいて飽きない作品です。

三巻まで読んで個人的に好きだったシーンを紹介します。

ふらいんぐうぃっち_popular ふらいんぐうぃっち_popular2

是非一度読んでみてください。

ではまた!

ふらいんぐうぃっち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。