うまるのライバル登場!?「干物妹! うまるちゃん」8巻を読んでみた。

アニメ化を果たし、いま日本で一番売れている兄妹コミックである「干物妹!うまるちゃん」

7巻で一時期話題になった、うまるのライバル(?)の金剛ヒカリが登場しました。

金剛ヒカリ_2

こんなキャラクター。

今回は8巻の読んだ感想を紹介します。

※画像引用元:週刊ヤングジャンプ「干物妹!うまるちゃん」(http://youngjump.jp/manga/umaruchan/)

あらすじ

外では誰もが羨む完璧“美妹”!! 家では、グ~タラ楽しい干物妹ライフを過ごす“うまる”… 

そんな秘密まで全部知っている謎の美少女“ヒカリ”が、“うまる”の家に何度も通うようになっちゃった!! 

目的は、どうやら“お兄ちゃん”!? “うまる”にライバルが誕生しちゃう!? 

友達との関係も、ますます広がりを見せる第8巻!!

読んでみた感想

今回注目したい点は、「切絵」、「海老名」、「シルフィン」3人の内面を掘り下げた内容だったことです。

今までそこまで、それぞれのキャラクターの内面を掘り下げた話はしていませんでしたが、切絵が絵本作家を目指す理由や、シルフィンの思い出など感動する話が多々ありました。

切絵が絵本作家を目指す理由

少し前に「絵本作家」になることを目指し始めた切絵。8巻で切絵が「絵本作家」をっ志そうと思うようになった話がありました。作品の初期は人見知りで人を遠ざけていた切絵ですが、シルフィンとのサッカーなどを通して少しずつ打ち解け始めました。

そんな彼女が「絵本作家」を目指す理由。それは、「うまるに出会って、幸せになって、勇気が出せるようになった。そのことを絵本を通して色んな人に伝えたい。」という想いから。

切絵

そして出版社への持ち込みをしました。結果は9巻です。

海老名との勉強会

作品初期からオドオドしていて緊張しいな海老名でしたが、次のテストで赤点を取ると留年の危機に。

普段問題を解くときは平均以上の出来なのに、本番になると赤点になってしまう海老名。テスト中には秋田に帰りたいと願うことも。

留年の危機を知り勉強会を開くうまる達。

「自分は足でまといなのに、何故そこまでしてくれるのか。」という問いに「友達だから」
と答えるうまる達。

テスト本番で緊張に襲われる海老名だったが、「これからもずっと一緒にいたいから」という思いで緊張を克服しました。

海老名

いつも明るいシルフィンだけど

いつも明るく、何も考えていなさそうなシルフィン。ただのお調子者なキャラクターかと思いきや、どのキャラクターよりも思い出を大切にしているキャラクターでした。

今回は過去に1度来たことのある湖のボート乗り場。

自分を外に連れ出してくれたアレックスへの感謝を、うまるに重ねて言うところが印象的でした。

シルフィン

まとめ

新キャラクター「金剛ヒカリ」の登場でますます面白くなる「干物妹!うまるちゃん」

金剛ヒカリ_1

このシーンなんか可愛すぎません?

そしてヒカリの登場で叶にもスポットが当たり始めてきていますね!

叶が一番好きなキャラだから、これはかなり嬉しい。

この調子で叶の出番が増えることを祈るばかりですね。

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA