演奏シーンは圧巻!「劇場版 響け!ユーフォニアム」の感想を書いていくよ。

ユーフォニアム_03

本日4月23日は、「劇場版 響け!ユーフォニアム」の公開日です!早速見に行ってきました。

大まかな内容はアニメ放送版の総集編ですが、追加されたシーンがあったりと、アニメを見た人でも楽しめる作品になっていました。

なにより映画館で見る演奏シーンは圧巻の一言。

では感想を書いていきたいと思います。

あらすじ

――くやしくって死にそう。

黄前久美子は中学3年の吹奏楽コンクールで見た高坂麗奈の涙を忘れられないままでいた。

高校に進学した久美子は加藤葉月、川島緑輝に誘われて吹奏楽部に入部するが、肝心な吹奏楽部の演奏はお世辞にも上手とは言えなくて……。

しかし、吹奏楽部に新しい顧問・滝昇がやって来たことによって状況は一変する。滝のスパルタ指導に反発しつつも、少しずつ上手くなっていく様子に自信を持つ部員たち。

久美子も少しずつではあるが、麗奈との距離を縮めていった。

サンライズフェスティバル、コンクールメンバーを決めるオーディション……。

数々の試練を乗り越えた吹奏楽部は吹奏楽コンクール京都府大会に臨む――。

引用元:劇場版 響け!ユーフォニアム 公式サイト(http://anime-eupho.com/introduction/)

見てみた感想

内容自体はアニメ放送版の総集編でした。

しかし総集編だからと見に行かないのはもったいないです!

ここで変更点を簡単にまとめたいと思います。

あるサブキャラクターにスポットが。

2016年秋に2期のアニメ放送が決定ということで、アニメでは喋らなかった原作2巻で登場するオーボエの鎧塚みぞれにスポットが!

喋るシーンは、優子が麗奈にトランペットソロを降りて欲しいとお願いしに行く前なのですが、優子の決意を強調するような演出になっています。

総集編なので1部シーンがカットされてます

劇場版での総集編という事で、久美子と麗奈を軸に話が進んでいきます。

中には個人的に見たかったシーンである、夏紀先輩のエピソードや、携帯を学校に取りに行った後の久美子と麗奈のシーンなどなど…。

多少違和感を感じる部分はあったものの、初めて見る人でも十分楽しめる作品になっています。

演奏シーンが大幅追加!

今回の劇場版にあたり、サンライズフェスティバルやコンクール本番の演奏では、大幅に演奏シーンが追加されていました。

演奏シーンはぜひ劇場で見て欲しい!

映画館で聞く演奏シーンは圧巻の一言。

最後の演奏「三日月の舞」では、実際に演奏している会場にいるかのような雰囲気があり、トランペットのソロの演奏シーンは胸を打たれたかのような。感動して涙が出てしまいました。

まとめ

音楽のアニメと、映画ってすごく親和性が高いのではないか。

今回、「劇場版 響け!ユーフォニアム」を見てそう思いました。

映画館の音響で聞く演奏は、足を運ぶ価値があります。

そして…。

ユーフォニアム_01 ユーフォニアム_02

ちょっと見にくいけど、

2016年秋に2期決定だぁぁぁぁぁ!

ではまた!

ユーフォニアム_03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。