「ようこそ実力至上主義の教室へ」を読んでみた。不良品のDクラスの下克上が始まる!

ようこそ実力至上主義の教室へ

結構宣伝とかで目にする「ようこそ実力至上主義の教室へ」ですが、ものは試しにと1巻を購入してみました。

どことなくバカとテストと召喚獣をイメージしてしまいますが、読んだ感じからすると「ようこそ実力至上主義の教室へ」の方がシビアな感じ。

爽快感とかはほとんど感じられない為、選ぶ作品かも。

では感想をどうぞ!

あらすじ

希望する進学、就職先にほぼ100%応えるという全国屈指の名門校・高度育成高等学校。

最新設備の使用はもちろん、毎月10万円の金銭に値するポイントが支給され、髪型や私物の持ち込みも自由。まさに楽園のような学校。だがその正体は優秀な者だけが好待遇を受けられる実力至上主義の学校だった。

ある理由から入試で手を抜いた結果、主人公・綾小路清隆は、不良品が集まる場所と揶揄される最底辺のDクラスに配属されてしまう。

同じクラスで成績は優秀だが性格に超難ありの美少女・堀北鈴音、気遣いと優しさでできた天使のような少女・櫛田桔梗らと出会うことで清隆の状況も変化していって……。

大人気クリエイターコンビが贈る、新たな学園黙示録!?

「ようこそ実力至上主義の教室へ」公式サイト(URL:http://youkosozitsuryoku.com/story/)

読んでみた感想

物語の舞台は、広い敷地に飲食店やコンビニ、各種娯楽施設まで完備された学園「高度育成高等学校」で、この高校を卒業できれば希望する進学先や就職先に100%行けるという夢のような学校。

入学すると外部との接触が一切禁止され、学園内の通貨は内部通貨制になるという制約があります。内部通貨は入学時に10万ポイント支給され、以後毎月10万ポイントずつ支給されるはずだったのですが、なぜか今月はポイントが振込まれていない。

そこで主人公たちは初めて実力至上主義の学校のルールを知ることになります。

主な登場人物について

主人公の「綾小路清隆」は、何かしらの理由から自らの実力を隠し、どこにでもいる何の特徴もない学生を演じています。

作中では、所々で彼の隠された実力を匂わせる言動や、行動が目に付き、「友人が欲しいと嘆いていながら実は他人には興味がない」という風にどこか冷めているように感じます。

担任の「茶柱佐枝」にもその変わった人間性を買われており、Aクラスにも興味がないにも関わらず、ヒロインである「堀北鈴音」とAクラスを目指すことになります。

主人公とは対照的に、隣の席のヒロイン「堀北鈴音」は、自分が欠陥品のDクラスでAクラスでないことに不服に感じています。

高度育成高等学校のクラス分けは、「学業」や「面接」だけでなく、「スポーツ」や「性格」などでも評価されます。

堀北鈴音がDクラスに配属された原因は、「学業」がトップクラスではあるが、「人間性」の部分でマイナスを受けたものと思われます。所々で他人を見下すような発言や協調性の無さが目立ちますが、主人公と関わることで、終盤では自分の欠点を自覚し少しずつではありますが変化していきます。

そしてもう一人のヒロインであろう「櫛田桔梗」は、気遣いと優しさに溢れた少女で、すぐにクラスの人気者になる。

勉強もそれなりにでき人間性も良さそうなキャラクターですが、配属された先はDクラス。

その理由は恐らく性格の二面性。普段は人当たりが良く皆に好かれるキャラですが、自分の目的のために他人を脅すことも辞さないようなキャラ。目的は不明だが異常なほどに友人作りに固執している。

他には二人のヒロインのような明らかな欠点が描かれていないキャラクターもいますが、ほとんどのDクラスのメンバーは、明らかにDクラスだなって感じのクラスメイトばかり。

勉強面の他に人間性などを加味しても高度育成高等学校によく入学できたなってキャラも何人かいます。

内容について

本の作者が恋愛シミュレーションの物語を書いていたので、話のテンポよく進みます。

ある日、10万ポイント支給されるはずがDクラスは0ポイントだった。その理由は、普段の授業態度などの素行の悪さで減点されたため。

しかも増やす方法も、減点される明確なルールも不明な上に、テストで赤点を1科目でも取ってしまったら即退学。

勉強ができるメンバーもいるが、Dクラスの中でもさらに底辺のメンバーは退学にチェックをかけている状態。

一応制度ではDクラスからAクラスになることは不可能ではないようだけど、クラスの底辺メンバーの意識を変えなければ実現するはずもなく。

堀北の目標を実現するには、最低限でもクラスの学力を上げる必要がある。

他人を遠ざけ、足を引っ張る連中をここで退学になってもらおうと考える堀北が、自分の目的の為ではあるものの、プライドを捨て歩みより、底辺連中も含めたメンバー全員でAクラスを目指す物語だった。

主に堀北にフォーカスした内容で、主人公はヒロインや底辺連中の橋渡しをするポジションで要所要所で助けをだす役割だった。

1巻はイントロダクションっぽい感じになっていたので、物語的には2巻から面白くなりそう。

まとめ

実力至上主義と言っているだけに、学力や生活態度など様々な面が評価に反映され、生活環境が変わる学校。

新設校じゃないのだから、どんな学校なのか周知されていているのでは?と設定上疑問を感じる部分はありますが、安定して読むことができました。

イントロ色が強かったのでなんとも言えないのが正直な感想。

2巻も読んでみたいと思います!

ではまた!

ようこそ実力至上主義の教室へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA