「政宗くんのリベンジ」の感想。馬鹿にされたヒロインに仕返しをするリベンジラブコメ!

政宗くんのリベンジ

表紙の絵が可愛くて買ってみたけど、なかなか面白かった!

最初は、主人公が政宗、ヒロインが愛姫と、最近流行りの武将パロディーかと思ったら、そんなことは全くない王道なラブコメディーでした。

「ラブコメディーに復讐?」って思う人もいるかもしれませんが、主人公がヘタレで肝心なとこが抜けてたり冷徹になりきれてない部分があるせいか、復讐話なのに明るい内容になっています。

では感想をどうぞ!

あらすじ

三笠原高校に転入してきた真壁政宗は完璧な少年だった。

容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能、されど驕らない謙虚な性格。

しかしそれは仮の姿にすぎなかった。

デブからイケメンにのしあがった復讐少年のトライアングル・リベンジラブコメ!!

読んでみた感想

主人公の真壁政宗は、容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能で編入早々女子からの人気者になります。8年前の主人公はかなり太っていて、付けられたあだ名は「豚足」。それから祖父の元で必死にダイエットし、祖父の名字を名乗って別人に生まれ変わりました。

彼が三笠原高校に編入してきた目的は、主人公がヒロイン・安達垣愛姫に告白した時に、「豚足」と言うあだ名を付け、振られた事への復讐するため。その復讐方法とは、ヒロインを惚れさせ、本気になった時に最高の形で捨てるという「デッド・オア・ラブ作戦」と言う方法。

「ドSなヒロインに復讐してやる!!!!!!」のキャッチフレーズから、ドロドロしたようなものを想像してしまいますが、主人公がヘタレで肝心なとこが抜けてたり冷徹になりきれてない部分があるので、復讐話なのに明るい内容になっています。

ヒロインの安達垣愛姫は、告白してきた男に「豚足」だの「むっちん王子」だの酷いあだ名をつけるキャラクター。告白してきた相手を容赦なく振る事から付いたあだ名は「残虐姫」。

序盤では使用人をパシリのように扱う様や、告白してきた相手を容赦なく振る姿から、冷たいキャラクターなのかなと思いましたが、読み進めていくと本当は繊細で優しいところがあるキャラクターなのが分かります。

他の登場キャラクターも面白く、「42歳だが主人公の妹と間違えられるほど幼い外見の母親」、「表向きは小動物系だが、実は腹黒い使用人」、「男子だが女子と間違われる外見のクラスメイト」など個性的なキャラクターが多く出てきます。

復讐するために、主人公があの手この手でヒロインに近づこうとするのですが、「ヒロインは主人公の策にハマっているのか?」「これは本当に騙されてるのか?」と、読んでいてこっちまでハラハラしてしまうところは面白いです。

まとめ

読み進めていくにつれて、ヒロインの「残虐姫な部分」と「優しい部分」のギャップにやられましたわ。

ラブコメってどれも展開が似てたりするものだと思っていたけど、この作品は「復讐」をフレーバーとして入れているおかげか、少々違ったラブコメディーに仕上がっているように感じました。

最近のラブコメに飽きたなぁって感じている人は是非一度読んでみてください。

ではまた!

政宗くんのリベンジ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。