「ラブライブ! サンシャイン!!」7話の感想。ライバルユニットの小物感が凄いんじゃ。そして果南先輩は…。

ラブライブ!サンシャイン!!07_07

「ラブライブ! サンシャイン!!」7話は、ライバルユニットの登場と、三年生メンバーの過去に少しだけ触れましたね。

ただライバルユニットの小物感が凄いんじゃ。

果南は全く出てこないし、色々な意味で今後の展開が気になります。

では感想をどうぞ!

第7話「TOKYO」おすすめシーン

おすすめシーンその1.「ダイヤとルビィの会話」

ラブライブ!サンシャイン!!07_01 ラブライブ!サンシャイン!!07_02

東京行きが決まったルビィは姉のダイヤに東京に行ってもいいか相談します。

今までルビィのスクールアイドル参加は、どちらかというと反対のスタンスだったダイヤが、ルビィに対して肯定的な声をかけたのは、少し意外でした。

怒っている描写が多かっただけに、優しいダイヤとのギャップにやられてしまいましたね。元々ダイヤが一番好きなんですけどね。

おすすめシーンその2.「鞠莉とダイヤの会話」

ラブライブ!サンシャイン!!07_03 ラブライブ!サンシャイン!!07_04

Aqoursの東京行きを許可した鞠莉に、許可した真意を問うダイヤ。そこには過去の自分たちを重ねているようで…。

ちょっと最初に気になったのは、鞠莉の家はフリーアクセスなんですかね。3年メンバーがみんな勝手に上がりこんでくるのはちょっと笑ってしまうわ。

2人の会話から「私たちみたいになる。」って言ってたけど、前回の3年生メンバーのスクールアイドルの描写は、今回のAqoursと同じ感じのイベントに出て叩かれたのかな。

何にしても3年生の背景がちょっと重すぎるな。

おすすめシーンその3.「ダサすぎる勝負服」

ラブライブ!サンシャイン!!07_05 ラブライブ!サンシャイン!!07_06 ラブライブ!サンシャイン!!07_07 ラブライブ!サンシャイン!!07_08

ダサいダサすぎる。花丸なんか山頂アタック装備じゃないですか。

と思ったらもっとヤバいのがいたわ。喜子のやつはシャレにならないくらいヤバいやつや。

おすすめシーンその4.「期待の重さ」

ラブライブ!サンシャイン!!07_09 ラブライブ!サンシャイン!!07_11 ラブライブ!サンシャイン!!07_12

夜に千歌が目を覚ますと、そこには眠れないで起きていた梨子がいて、東京にいた時の話をします。

梨子の言う期待の重さってどのくらいなんだろう。期待されるようなことはしてこなかった自分からすると、その重さは計り知れないです。でもきっとかなりの重いものなんでしょうね。

おすすめシーンその5.「ライバルユニット登場」

ラブライブ!サンシャイン!!07_13 ラブライブ!サンシャイン!!07_14

A-RISEのラスボス感が凄かったのと、対戦相手にある程度のリスペクトがあったと思うんだけど、今回のセイントスノーはライバルユニットにしては強そうに見えないし、何か見下している感じがして全然好きになれないんだけど。

しかもAqoursよりも前にやるってこいつらも前座なんだけど、すごい小物臭するんだよなぁ。

まとめ

ツイッターでも話題になってますけど、三年生メンバーはいつになったら加入するんですかね。もう半分過ぎたのに、果南にいたっては今回登場すらなかったんですが。

あとセイントスノーの小物感が凄い。今の所好きになる要素が何一つないわ。

来週は、ボロ負けしてからの再起回になるのかな。

とりあえず早くダイヤに出番をあげてください!マジで。

ではまた!

ラブライブ!サンシャイン!!07_07

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。