電撃文庫の中で一番面白い。「なれるSE!」の感想を書きます!

なれるSE!_表紙

いま個人的に電撃文庫の中で押している作品があります!それは「なれるSE!」です。すごく面白いのに周りでは誰ひとりと知らないので、この場を借りて、この本の感想を記事にします。

あらすじ

厳しい就職活動を乗り越え、偶然目に留まった求人広告に魅かれシステム開発会社のスルガシステムに就職が決まった桜坂工兵。期待や不安が入り混じる中、入社した彼を待っていたのは、説明とはまったく異なる実態と、あまりに過酷な会社の業務環境だった。

中学生の少女にしか見えないが凄腕のSEである室見立華の下でOJTを受けることになった工兵は厳しく指導される中、システムエンジニアとしての第一歩を踏み出すことになる。

読んでみた感想

テーマが「システムエンジニア(SE)」ということで、ライトノベルのテーマとして、非常に難しい話かと思いきや、事前知識等は必要なく、また1巻の副タイトル「2週間でわかる?SE入門」と書かれているように、話の中で解説されており、SEという仕事を簡潔に書いています。

主人公は、就職が決まらず必死になっているところに、一つの企業に採用が決まります。「未経験でも大丈夫」という言葉を信じてSEとして働くことになるが、上司は超スパルタ、社長は部下のスケジュールなどお構いなしに、無茶な案件を片っ端から引き受け、部下に丸投げ。顧客はむちゃな要求ばかりを押し通してくる。

そんな、職場で何度も嫌になり辞めようと思いつつも、死ぬ気で初仕事をやり遂げたときから、少しずつ主人公の考えが変わっていき、スルガシステムで正式に働くことに決めます。

そこから主人公は巻を追うごとに、「大手企業のDRサイト構築」「出版社の移転プロジェクトの完遂」「客先の常駐業務」「新サービスの開発」「管理職業務の担当」「新入社員の教育」と次々に仕事を成功させていきます。

面白いところ

この作品の面白い所は、普通の新社会人の主人公が、仕事上の様々な問題に直面し、ときに失敗したり、同僚と喧嘩したりしながらも、「そういう方法で解決するのか」と思わせてくれるところです。

例えば、新人研修を任された主人公は、しっかりとカリキュラムを立て、新人に教育していきます。しかし、相手は「ゆとり」と呼ばれる新入社員。日報の提出をしなかったり、取引先の話し合いの場で居眠りしたりと、問題行動が目立つため、とうとう切れてしまい、それが原因で新入社員が辞めてしまいます。しかし、何が問題なのかが分からない主人公は悩みます。それを友人に相談することで、解決策を思いつき、新人教育をやり遂げることが出来ました。

まとめ

ファンタジー特有の「隠された力が…」なんてことは一切なく、ちょっとした事から解決策を考え出し、何かしらの答えを出す主人公はとても格好良く、自分もこんなふうに働きたいと思えること間違いないです。

タイトルにもあるように、電撃文庫の中で一番面白い作品だと自信を持って言えます。ぜひ一度手に取って読んでみてください。

なれるSE!_表紙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA