「理系が恋に落ちたので証明してみた。」の感想。「恋」とは何か?証明の始まりだ!

理系が恋に落ちたので証明してみた。

「理系が恋に落ちたので証明してみた。」を読んでみました。

相思相愛の理系男子と理系女子が「恋愛」とは何か。本気で証明しようとするラブコメになっています。

では感想をどうぞ!

あらすじ

「……私、貴方のこと好きみたい」
「よし! この恋、証明するぞ! 」

研究に情熱を注ぐ理系女子と理系男子がもし恋に落ちたら?

個性的な理系達が集う大学の研究室を舞台に、山本アリフレッドが描く、笑いありキュンキュンありの『恋の定義から始まる』実験理系ラブコメディ登場!!!

登場人物紹介

雪村心夜

雪村心夜
主人公の理系男子。

女性に対しての免疫がなく、女性に近寄られると心拍数が上がってしまう。

氷室菖蒲に対して好意を抱いているものの、恋愛とは何かの証明に夢中になってしまい、2人の距離はなかなか縮まらない様子。

氷室菖蒲

氷室菖蒲
ヒロインの理系女子。

雪村心夜に恋をしているものの、心夜に「何を持って恋と定義したのか」と問われ、心夜同様に恋愛とは何かの証明に夢中になってしまう。

しかし、心夜のために料理をしたりと一般的な女性の一面も持っている。

幼い頃に心夜に出会っており、彼の言葉によって理系に進むことを志す。

読んでみた感想

ラブコメの中でも「恋愛」の定義を証明する作品はあっただろうか。

いつものように理工学研究室で研究トークを繰り広げる、恋愛経験ゼロの主人公の雪村心夜と、ヒロインの氷室菖蒲。

氷室菖蒲からの突然の告白に対し、雪村心夜もまんざらでもない様子。

しかしお互い両想いのはずなのに「好きと”判定”した証拠は?」と科学的立証を求め始めていきます。

この「恋愛」を証明するための方法が面白い!

「恋愛」を証明するために2人は、好きだと思われる状態を「好き’(好きダッシュ)」とし、好きな証拠を円グラフで分析したり、

理系が恋に落ちたので証明してみた。_img01

引用元:http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=55859651

「心拍数を測れば、恋のときめきを定量的に測定できる」と壁ドン中の心拍数を計測したり、

理系が恋に落ちたので証明してみた。_img02

引用元:http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=57074077

と検証を始めますが、端から見るとかなりズレているのが凄く面白い。

もっと単純に考えれば済む話なのに、下手に頭が良い為にカップルになるまでの距離は平行線をたどるばかり。

ラブコメといえば、恋愛が成就しそうでしない展開にハラハラするのが面白いところですが、この作品は「恋愛」の科学的な証明に熱中しすぎて2人が全然くっつかず、逆に登場人物達の行動にハラハラしてしまうような作品です。

まとめ

今までになかったパターンのラブコメでかなり面白い作品でした。

ヒロインである氷室菖蒲が個人的に結構好きなのですが、後に出てくる棘田恵那と言うキャラクターもイイね!

理系が恋に落ちたので証明してみた。_img03

引用元:http://comic-meteor.jp/rikekoi/

このシーンでやられてしまいました。

「理系が恋に落ちたので証明してみた。」公式ページで試し読みをすることができます。

ぜひ一度読んでみてください!

ではまた!

理系が恋に落ちたので証明してみた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA