「落第騎士の英雄譚」9巻の感想。王道を貫き燃える展開だった。

落第騎士の英雄譚_9巻

「落第騎士の英雄譚」9巻が発売しました!早速読んだ感想を記事にしていきたいと思います。ネタバレを多分に含みます。お気を付けください!

あらすじ

七星剣武祭決勝戦!
一輝とステラの戦いが幕を開ける!
 七星剣武祭決勝戦当日。一輝は恋人でありライバルでもあるステラとの一戦に向け、最後の調整を行っていた。
 そんな彼の前にスパーリングパートナーとして現れたのはこれまで彼が戦ってきた実力者たち!
 錚々たる面子を前に《無冠の剣王》は自らの牙を極限まで研ぎ澄ませていく!!
 かつて交わした約束は、いま現実のものとなり、大会史上最も苛烈で過酷で美しく、そして泥沼のような戦いが幕を開ける!

読んでみた感想

今回の9巻は、いよいよ七星剣武祭が終了します。
王馬戦で、圧倒的な力を見せつけたステラと、今までを剣術のみで勝ち上がってきた一輝の戦いが始まります。ステラは、力を貯めるために休息をとり決勝戦に備えるなか、一輝は今まで戦ってきたライバル達と、決勝戦開始まで模擬戦を繰り返し、自分のコンディションを整えていきます。

その中には、有栖院凪、城ヶ崎白夜、浅木椛、加我恋司、東堂刀華、諸星雄大、そして兄である黒鉄王馬まで。ひたすらに強さを求め続けた王馬が、一輝との模擬戦を通して一輝の勝ちに行く戦い方を認め始めます。

『究極の暴力』対『最強の技術』と称される決勝戦。一進一退の攻防の中、先手を取る一輝でしたが、ステラは持てる技術を持って一輝を迎え撃ちます。二転三転と繰り返される攻防の中、ステラの「ドラゴン」の力に、一輝は一度勝ちを諦めかけてしまいます。諦めかけている一輝にトドメを刺そうとするステラ。しかし一輝は、攻撃をもらった瞬間、今まで幾千回ともシュミレーションを元に体に刻みつけた攻撃を「負けたくない」という一心で、ステラに浴びせます。

これで五分と五分になり、ここで一輝が「一刀修羅」を発動し勝負に出ます。お互いに遊佐ラナイ攻防の中で、やがて地力の差が見え始めます。「魔力」とは、運命を改変できる力。生まれた瞬間に人間としてできる事が決められています。この戦いの中で一輝は、自分の成長の限界へ達してしまい、そこでステラとの攻防についていけなくなり、とうとう致命打をもらってしまいます。

気絶している意識の中で、一輝は自分を見つめます。「諦めたくない」そして「ステラへの思い」が一輝を新しいステージに引き上げました。運命を覆し進化を遂げた一輝とステラの戦いは、最後の一騎打ちの末、一輝の勝利で終幕します。

読んでいる中、鳥肌が止まりませんでしたね。
王道中の王道ですが、一輝が限界を超えるところや、最後の一騎打ちは、今までの中で一番のシーンになると思います。これで最終巻かと思いきや、今度はステラの故郷である、ヴァーミリオン皇国訪問編に入ります。一輝が限界を超えた事をエーデルワイスは「覚醒」と読んでいましたが、今後「覚醒者」同士の戦いになっていくようです。

現在アニメも七星剣武祭予選決勝戦に突入しました。
今後行われる東堂刀華戦は、一瞬で終わってしまいますが、2番目に好きなシーンです。アニメが2期をやるか分かりませんが、今後も「落第騎士の英雄譚」を応援していきたいと思います。

落第騎士の英雄譚_9巻

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。