劇場版「ソードアート・オンライン -オーディナルスケール-」感想。これは忘れられた少女の物語。

SAO

「ソードアート・オンライン -オーディナルスケール-」見て来ました!

SAO事件のその後に焦点を当てた今作は、GGOまでのSAOシリーズの集大成ではないでしょうか。

今回は「ソードアート・オンライン -オーディナルスケール-」の紹介と、見どころをまとめました。
すでに見た人も、まだ見てない人も最後まで読んでくれた嬉しいです。

では感想をどうぞ!

*ネタバレを含みます。読むときは注意してください。

プロローグ

2022年。天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫ ――その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。

それから4年……。 ≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。 ≪オーグマー≫。 フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最先端マシン。

≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することが出来る安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。 その爆発的な広がりを牽引したのは、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。

アスナたちもプレイするそのゲーム に、キリトも参戦しようとするが……。

「オーディナルスケール」の見どころ

見どころその1.「アインクラッド編を補完する物語」

今回の「オーディナルスケール」はSAO開発初期構想であるプログラムを使用している為、アインクラッド編のボスが登場します。

アインクラッド編は面白いのですが、小説やゲームでストーリーの補完はされていますが、まだまだ余白が多い部分もありました。

今回の映画のストーリーは、あくまでアインクラッド編の延長にある作品で、SAOで好きな歌を披露して周りを元気づけながらも圏外へでて死んでしまった「裕那」と、SAO事件が残した被害者の感情にスポットを当てたストーリーになっています。

見どころその2.「失うアインクラッドでの記憶」

SAOサバイバーが「オーディナルスケール」のSAOボスに殺されると、SAOでの記憶を失うことが判明。シリカを庇ってSAOボスの攻撃を受けたアスナは、SAOを記憶失って行きます。

その原因は、重村教授がオーグマーに仕込んだプログラムで、死んでしまった裕那をAIとして生き返らせる為に、SAOサバイバーの記憶から裕那の記憶抽出する際に起こる記憶障害でした。

私個人としては、SAOの記憶が失うことの重要性がイマイチ感じることが出来なかったのですが、今のアスナとキリトを形作っているのはSAOの記憶であることを考えると、また違った見方ができるかと思います。

見どころその3.「ナーヴギアを与えてしまった親の後悔」

裕那をAIとして生き返らせる為に、たくさんのSAOサバイバーの記憶を奪っていく重村教授。裕那自身もAIとしての復活を望んでいないにも関わらず、計画を強行しようとします。

正直な印象としては、冷徹で独善的な教授です。

しかし、自分が親になった立場から考えると、コネで娘の為にプレゼントしたナーヴギア。
娘によく思われたいという思いからプレゼントしたものが、逆に娘を殺してしまう状況を作ってしまった自分を責める姿には、ただただ悲しくなってしまいました。

見どころその4.「アインクラッド第100層ボス」

重村教授の計画を止める為にアインクラッド第100層ボスに挑むことになったキリト達。圧倒的な強さに負けそうになるも、アスナやALO、GGOのキャラクターたちが助太刀に来ます。

ここの戦闘シーンは圧巻で、見ているだけで体が震えました。

最後のトドメを刺すシーンでは、「マザーズ・ロザリオ」を繰り出すアスナにユウキが被って登場したりと、SAOシリーズが好きなファンにはたまらない演出が多くありました。

見どころその5.「アリシゼーションに繋がる最後1分」

オーグマーの事件が発覚し、重村教授は逮捕されるのかと思いきや、菊岡によりある場所に案内されるその場所は、プロジェクト・アリシゼーションが行われている研究施設。

もうすでに情報が出ているので問題ないですよね。

「アリシゼーション」のアニメ化決定です。楽しみです。

まとめ

最近アニメの劇場版が増えて来ましたね。

映画を見ないでディスクが販売されるのを待ってもいいですが、私はやっぱり映画の大きなスクリーンで、映画館の音響設備で見るのが一番好きです。

今回の作品はSAO事件のその後を描いた内容でしたが、作品の中でSAO事件がどのくらい被害者関係者に傷を残したのかに焦点を当てた、すごく良い作品だったと思います。

次はアリシゼーションですが、テレビか映画かどっちかな。個人的は映画にしてほしいですね。

ではまた!

SAO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA