後悔を抱えた人ほど心揺さぶられる作品。「8月のゴースト」の感想を記事にしました。 #8月のゴースト

8月のゴースト

今回は今イチオシの作品「8月のゴースト」を紹介します。

「夏」と「戻れない日々」がテーマの作品の作品で、後悔を抱えた人ほど心揺さぶられる作品になっていると思います。

では感想をどうぞ!

画像引用元:http://yawaspi.com/ghost/

あらすじ

初恋の彼女との不思議な再会。

胸の奥にしまいこんだ

あの夏休みの続き――

種子島を舞台に

7年前と今が交錯する

眩しく切ない青春ラブストーリー。

登場人物

潮見直人

8月のゴースト_01
「8月のゴースト」の主人公。

高校2年生の間の3ヶ月を種子島で過ごしており、7年ぶりに作家の仕事で種子島に戻ってくる。

高校生時代に深月と泳ぎの練習をしていたことがあり、種子島に戻ってきた事で忘れていた約束を思いだす。

夏野深月

8月のゴースト_02
「8月のゴースト」のヒロイン。好きなものは「海」で、いつも泳げるように水着を着ている。

学校にはほとんど行っておらず、数々の悪い噂のせいもあり、いつも一人で海にいる事が多い。実際は負けず嫌いな普通の少女。

7年前の夏に海で溺れて死亡している。

夏野朱星

8月のゴースト_03
夏野深月の妹。

直人が種子島にいた3ヶ月の間、直人たちと一緒に過ごす。

「白い少女の幽霊」について何か知っている様子。

画像引用元:http://yawaspi.com/ghost/

読んでみた感想

種子島を舞台にした、「夏」と「戻れない日々」がテーマの作品。

7年ぶりに種子島に戻ってきた主人公は、灯台で死んだはずのヒロインに出会います。20時から5分間だけの短い出会い。

なぜ5分間だけ灯台に現れるのか。

物語が進むごとに主人公とヒロインの関係にニヤニヤし、そこで交わした約束が物語の重要なポイントになっています。

過去と現在の見せ方が上手く、ひと夏の哀愁漂う物語の雰囲気に一気に引き込まれました。

誰しも「あの時こうしておけば良かった」と考える事は沢山あります。
この「8月のゴースト」は、そういう後悔を抱えた人ほど「決して戻ることのない日々」に心に揺さぶられる作品になっていると思います。

まとめ

静かで激しくはないですが、心が揺さぶられ心に残る良い話でした!

編集部のコメントにもあったように、【初恋】【ロケット】【幽霊】【夏祭り】【夜のプール】これらのキーワードで面白くないわけない!

今回は1巻で綺麗にまとまり終わりましたが、今後の展開も読んでみたいです。

気になる人は「やわらかスピリッツ」から試し読みをすることが出来ます。

やわらかスピリッツ|8月のゴースト」へのリンク

ぜひ一度読んでみてください。

ではまた!

8月のゴースト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。