今期一番面白いアニメはコレ!「Re:CREATORS」に注目!

re:creators

皆さん、こんにちは! @YozakuraRenです。

現在放送中のアニメ「Re:CREATORS」が、今期のアニメの中で一番面白いのではないかと私の中で話題になっています。

アニメやライトノベル、ゲームの登場キャラクター達が現代社会に突如出現し、謎の少女「軍服の姫君」との戦いを描く物語で、完全オリジナルアニメ作品です。

今回は、「Re:CREATORS」に注目したアニメコラムを書きたいと思います。

ストーリー

クリエイターになることを夢見る水篠颯太の目の前に、アニメ『精霊機想曲フォーゲルシュバリエ』のヒロイン、セレジア・ユピティリアが現れる。

颯太は、セレジアと彼女を現実世界に現界させた軍服の姫君の戦いに巻き込まれるが、同様に現界させられたゲーム『追憶のアヴァルケン』のキャラクター、メテオラ・エスターライヒの介入によって事なきを得る。

これを機に颯太は、セレジアたちを始めとする被造物同士の衝突に巻き込まれていき、事態は被造物を創り出した創造主(クリエイター)、さらには日本政府をも巻き込む事態に発展する。

「Re:CREATORS」の見所

個性豊かなキャラクター達

この作品の見所は何と言っても、アニメ、ライトノベル、ゲームなど様々な作品から登場するキャラクター達ではないでしょうか。

  • 主人公を導く司書を務めていた賢者
  • 国の為に戦い続ける姫君
  • 皆を助ける為に戦う魔法少女
  • 見た目は不良だが芯があるラスボス
  • 巨大ロボットの操縦者

など、様々な作品から様々な個性をもつキャラクターが多数登場します。

キャラクター達の動向に注目!

そしてこの作品の「物語を産みだす人間たちは、物語の登場人物から見れば神なのか?」、「我らの世界に変革を。神々の地に制裁を。」というテーマにも注目したいです。

フィクションの物語の主人公達は、決められた筋書きの中で必死に生きようとします。それが創造主(クリエイター)の手によって作られたものだと知ったらどうでしょうか。

創造主(クリエイター)を恨むのでしょうか。それとも感謝するのでしょうか。

それぞれのキャラクターが、自分の世界の為、自分の世界に帰る為、新しい世界を楽しむ為に戦います。

どのように物語が展開していくのか。「軍服の姫君」の目的は何か。キャラクター達の自分の物語にかける想い動向もこの作品の見所です。

どんな人に見て欲しいか

「Re:CREATORS」は、クロスオーバーをオリジナル作品で実現した作品。

一度は、「あの作品とあの作品を、一つの作品に登場させたらどうなるか」を考えたことのある人は少なくない筈。それをメタフィクションという作風を取りながら、実現したのがこの作品。

物語に引き込まれるようなバックグラウンドミュージックや、作品の違う設定、違う価値観がぶつかり合う展開など、胸が熱くなること間違いありません。

話の展開は比較的ゆっくりなので、物語の世界観に深く浸りたい人、考察を楽しみたい人にはオススメの作品ではないでしょうか。

re:creators

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。