「86―エイティシックス―」感想。どんなに過酷な環境でも「人間の尊厳を示し続ける」物語。

86―エイティシックス―

皆さん、こんにちは! @YozakuraRenです。

今回紹介する作品は「86―エイティシックス―」という作品。

部隊を率いる主人公や、その周りのキャラクター達の、運命に抗い懸命に生きようとするスピアヘッド戦隊の生き様に感動しました。

では感想をどうぞ!

あらすじ

“その戦場に死者はいない”――だが、彼らは確かにあそこで散った。

サンマグノリア共和国。そこは日々、隣国である「帝国」の無人兵器《レギオン》による侵略を受けていた。しかしその攻撃に対して、共和国側も同型兵器の開発に成功し、辛うじて犠牲を出すことなく、その脅威を退けていたのだった。

そう――表向きは。

本当は誰も死んでいないわけではなかった。共和国全85区画の外。《存在しない“第86区”》。そこでは「エイティシックス」の烙印を押された少年少女たちが日夜《有人の無人機として》戦い続けていた――。

死地へ向かう若者たちを率いる少年・シンと、遥か後方から、特殊通信で彼らの指揮を執る“指揮管制官(ハンドラー)”となった少女・レーナ。

二人の激しくも悲しい戦いと、別れの物語が始まる――!

第23回電撃小説大賞《大賞》受賞作、堂々発進!

この作品は、「人の尊厳を示す物語」である。

主人公達が所属する共和国は、特定の種族以外の人権の剥奪、財産の没収、半ば強制的な徴兵、最終的には数減らしのために、生還率0%の任務へ送り込むなど、非道さは極まっている。

そんな共和国によって望まぬ戦いを強いられ続ける中でも、主人公達は「人間」であろうとし続けます。

どんなに過酷で絶望的な環境でも、怒りや嘆きを押し殺し、死んでいった仲間を無言で弔う。最低限までに省かれた描写が主人公達の生き様を示し、懸命に生きようとする主人公達の覚悟に胸を打たれました。

通信で完結する主人公とヒロインの関係性

「86―エイティシックス―」を読んでいて、主人公とヒロインの関係性が通信に限られているのにも関わらず、心情描写と対人関係を発展させていくのは完全に予想外でした。

共和国のオペレーターであるヒロインは、はじめは半ば共和国の思想に染まったキャラクターであったが、主人公達とコミュニケーションを取るうちに、段々と魅力的なキャラクターに。

終盤で主人公達の末路を知った時の絶望感や、どんな手を使ってでも助けようとする所、ヒロインの「置いていかないで」の一言はすごく印象的でした。

この主人公とヒロインの関係性、終盤の「置いていかないで」の一言を経て、最後の2ページのシーンがより印象的になります。

まとめ

多少読みにくい部分があるものの、一巻だけでもかなり完成度が高い作品に感じました。

描写不足など意見も聞きますが、個人的にこれ以上の描写はテンポが悪くなってしまう気がしました。

気になった人は是非、主人公達の生き様や、ヒロインの成長を見届けてみてください!

ではまた!

86―エイティシックス―

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。