ライトノベルの収納に困っていませんか?文庫本収納ボックスを紹介します

オススメの収納ボックス

皆さんは、ライトノベルの収納に困ってはいませんか?

先日ライトノベルの整理の為に、「文庫本収納ボックス」を購入しました。

販売元は「天馬」さん。主に、収納用品を中心とした天馬オリジナル製品の製作、販売を行っています。

ライトノベルを片付けたいけど、ケースに入れると何の作品を収納したか分からない。ちょうど良いサイズの収納ボックスが見つからないと悩んでいる人に向けて、使用した感想を記事にしました。

天馬製収納ボックスは、文庫だけでなく、A5コミックス、A4雑誌、CD、DVDなど様々な収納物に合わせた収納ボックスがありますが、今回は購入した文庫本収納ボックスを紹介します。

天馬製「文庫本収納ボックス」とは

サイズは幅14.5×奥行き45×高さ17cmで、中には取り外し可能な仕切板が付き、文庫本が約26冊入ります。

これがブックケースに収納している状態です。文庫本がキッチリ収納できています。

ライトノベル 収納ボックス_01 ライトノベル 収納ボックス_02 ライトノベル 収納ボックス_03

画像のように、本は縦向きで収納する事ができ、上に重ねていっても作品名を確認する事ができます。

また、収納ボックスに余白があるときに収納物の倒れを防ぐスライド式の仕切板が付属しており、フタを閉めれば好きな位置で固定されるようになっています。

ライトノベル 収納ボックス_04

これでライトノベルの収納問題は解決!

ライトノベルは巻数が多く、人によっては本棚に収まりきらなくて、ダンボールに収納している人も多いのではないでしょうか。

確かにダンボールに収納することは可能ですが、好きな作品が痛んでしまうのはとても悲しいことです。

しかし、天馬製「文庫本収納ボックス」があれば、本を痛めることなく、またホコリなどからも作品を守る事ができます!すごくオススメです。

ライトノベルの保管場所に困っている人、別に困ってない人も「文庫本収納ボックス」を買っちゃいましょう!

ではまた!

オススメの収納ボックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA