「あにそさ」ではこれまで様々な漫画の感想を書いてきましたが、その際に星の数で個人的な感想を表現してきました。

この記事では、今まで付けてきた星の数を基に、私が読んだマンガ作品の中で、おすすめしたい作品を紹介していきます!

オススメマンガ6選

五等分の花嫁

五等分の花嫁
ストーリー★★★★★(5)
キャラクター★★★★★(5)
設定・世界観★★★★★(5)
読みやすさ★★★★★(5)
イラスト★★★★★(5)
総合評価★★★★★(5)
タイトル : 五等分の花嫁
作者 : 春場ねぎ
連載期間 : 2017年8月〜
巻数 : 既刊6巻(2018年9月現在)

この作品のヒロインは、なんと五つ子!

同じ顔だけど髪型も性格が全く違うヒロインたちが、しっかりと描き分けられていて魅力的なのがこの作品の注目ポイント!

そして何と言っても見開きに持ってくるキャラクターの見せ場のシーンが凄い!そのキャラクターの魅力がこれでもかと詰め込まれています。

白藤杏奈
今までヒロイン全員が可愛いマンガがあったでしょうか!
ヒロイン全員が可愛いし、風太郎の妹のらいはも可愛いし、今後の風太郎の恋の行方が凄く気になる作品です。

ランウェイで笑って

ランウェイで笑って
ストーリー★★★★★(5)
キャラクター★★★★★(5)
設定・世界観★★★★★(5)
読みやすさ★★★★★(5)
イラスト★★★★★(5)
総合評価★★★★★(5)
タイトル : ランウェイで笑って
作者 : 猪ノ谷言葉
連載期間 : 2017年5月〜
巻数 : 既刊6巻(2018年8月現在)

この作品は、低身長という欠点を抱えた少女モデルと、貧乏でデザイナーの夢を諦めている少年デザイナーが世界に挑む物語です。

誰しも必ず夢を持っていると思います。

この作品は、夢を持っていて、それを「叶えたり」「諦めたり」「妥協したり」そういう経験のある人ほど、深く刺さる作品ではないでしょうか。

白藤杏奈
人が努力している姿は、眩しくてカッコいいということを教えてくれる作品です。

ボールルームへようこそ

ボールルームへようこそ
ストーリー★★★★★(5)
キャラクター★★★★★(5)
設定・世界観★★★★★(5)
読みやすさ★★☆☆☆(2)
イラスト★★★☆☆(3)
総合評価★★★★☆(4)
タイトル:ボールルームへようこそ
作者  :竹内友
連載期間:2011年~
巻数  :既刊9巻(2018年9月現在)

この作品は、舞踏室(ボールルーム)を舞台とし競技ダンスをテーマに、熱中するほど打ち込めるものが無かった主人公の富士田多々良が、競技ダンスの魅力に取りつかれ、競技ダンスの世界に飛び込んでいくスポーツ漫画です。

はじめは乗り気では無かった主人公が、同級生・花岡雫の競技ダンスへの情熱に触れ、プロダンサーの仙石要のダンスを見たことにより、自分自身を変えるために社交ダンスの世界へ飛び込んでいきます。

「競技ダンス」の世界を知らない人でも、その表現の美しさに共感できるように描かれており、その独特な表現がこの作品の魅力でです。

白藤杏奈
「競技ダンス」の難しさと美しさを、写真で最高の瞬間を切り取る様に、つま先から指の先、腰から首のしなりに表情、動画では注目できない最高の一瞬がとても美しく描かれています!

魔王城でおやすみ

魔王城でおやすみ
ストーリー★★★★★(5)
キャラクター★★★★☆(4)
設定・世界観★★★★☆(4)
読みやすさ★★★★★(5)
イラスト★★★★☆(4)
総合評価★★★★☆(4)
タイトル : 魔王城でおやすみ
作者 : 熊之股鍵次
巻数 : 既刊8巻(2018年8月現在)

この作品は、魔王に捕まったスヤリス姫の悩みは、安眠出来た試しがないこと。そんな囚われの身のスヤリス姫が、自分にあった寝具を作成するために、魔王城を駆け巡るファンタジーコメディ。

主人公のスヤリス姫が、とにかく自分の睡眠の質を高めるために、魔王城でやりたい放題するのですが、シーツ欲しさにおばけふろしきを惨殺したり、魔王城の物資を強奪したりと、着々と安眠の環境を整えていきます。

また、寝具だけでなくシチュエーションにまでこだわり、「夕方の数学の授業はよく寝れた」とか「水泳の後はよく寝れた」など、私たちも経験があり思わず「分かる!」と思ってしまうものまで登場します。

白藤杏奈
最近では実家にこっそり里帰りするなど、本当に誘拐されてきたの?と突っ込みたくなる作品です。

ひとりぼっちの○○生活

ひとりぼっちの○○生活
ストーリー★★★★☆(4)
キャラクター★★★★☆(4)
設定・世界観★★★☆☆(3)
読みやすさ★★★★☆(4)
イラスト★★★★★(5)
総合評価★★★★☆(4)
タイトル : ひとりぼっちの○○生活
作者 : カツヲ
連載期間 : 2013年9月〜
巻数 : 既刊4巻(2018年2月現在)

この作品は、極度の人見知りの一里ぼっちが「クラス全員と友達」になるために奮闘する作品です。

中学でクラス全員と友達にならないと、唯一の親友と絶交しなければならなくなってしまった、極度の人見知りの女の子・一里ぼっち。しかし一里ぼっちは極度の人見知り。

「クラス全員と友達になる」という目標をもって中学に入学した、初日の自己紹介で頑張ろうとしますが…。

どうにかして、前の席の砂尾なこに話しかけようとするも、いざ話しかけようとすると足を釣り、やっと友達になれて安心かと思いきや、今度は接し方が分からずに四苦八苦。

白藤杏奈
友達を作るために頑張るぼっちの姿にホッコリする作品です。

ニー子はつらいよ

ニー子はつらいよ
ストーリー★★★★☆(4)
キャラクター★★★★☆(4)
設定・世界観★★★☆☆(3)
読みやすさ★★★★★(5)
イラスト★★★★★(5)
総合評価★★★★☆(4)
タイトル : ニー子はつらいよ
作者 : アルデヒド
巻数 : 既刊1巻(2018年10月現在)

この作品は、働かなきゃいけない、でも働きたくない・・・。そんなダメかわいいニート女子の日常を描いたコメディ作品です

こんなに可愛いニートが主人公のマンガが未だかつてあっただろうか!いや無い!

この作品はとにかく主人公のニー子が可愛いんです!

母の日のプレゼントを、「利子つけて返す」といい妹に払ってもらったり、親に旅行に誘われた時は「外出するのが面倒くさい」と断ろうとしたり、とにかくダメダメな所が凄く可愛い。

中でもエイプリルフールの話は必見です!

白藤杏奈
最近では、Vtuberとして「ニー子ちゃんねる」で活動もしています!

まとめ

現段階で私が本当に推したい作品は、こんな感じでしょうか。

私は結構飽きっぽい性格なので、作品数が減ったり増えたりするかと思いますが、今後も随時更新していきたいと思います。

この記事を読んで、作品に触れてくれる人が生まれてくれたらうれしいですね。

ではまた!

私が本気で推していきたいオススメ作品

ABOUTこの記事をかいた人

バーチャルブロガーとして活動中の白藤杏奈です。「記事を読んでくれたあなたに楽しんでもらうこと」をテーマに活動を始めましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙❀。アニメやマンガ、ゲームなどの記事を書いたりしています。応援よろしくお願いしますლ(╹◡╹ლ)。