現在サイトのデザイン調整中です。ところどころ表示崩れていますが頑張って直しているので、少々お待ちください!

「Hello,Hello and Hello」の感想。この物語はきっと「世界で一番幸せな恋の話」。

あなたは、胸を締め付けられるような感動をしたことはありますか?

今回紹介するのは、「Hello,Hello and Hello」という作品です。

この作品は、一週間ごとに、築いた縁が、そこに居たという証拠が、交わした約束が消されてしまう少女の恋の物語。読み終わった後には、寂しさと幸せと色々な感情が溢れてきて、嗚咽を漏らすほど感動してしまいました。

間違いなくお勧めの1冊です。

画像引用元:http://dengekitaisho.jp/special/24/hello/

「Hello,Hello and Hello」あらすじ

いつだって、この出会いは必然だった――

――これは僕が失った、二百十四回にも及ぶ一週間の恋の話。そして、わたしが手にした、四年に及ぶ一度きりの恋の話。

「ねえ、由くん。わたしはあなたが――」

初めて聞いたその声に足を止める。学校からの帰り道。中学のグラウンドや、駅前の本屋。それから白い猫が眠る空き地の中で、なぜだか僕のことを知っている不思議な少女・椎名由希は、いつもそんな風に声をかけてきた。

笑って、泣いて、怒って、手を繋いで。

僕たちは何度も、消えていく思い出を、どこにも存在しない約束を重ねていく。

だから、僕は何も知らなかったんだ。

由希が浮かべた笑顔の価値も、零した涙の意味も。たくさんの「初めまして」に込められた、たった一つの想いすら。

――これは残酷なまでに切なく、心を捉えて離さない、出会いと別れの物語。


「Hello,Hello and Hello」を読んだ感想

1週間で築いた縁が、そこに居たという証拠が、交わした約束が、ある時間を境にリセットされる。

ある事故で生きたいと願った代償は、「誰の記憶にも残らない」残酷な世界で生きること。そんな世界で生きる少女・椎名由希は、主人公と出会いある決意をする。由希は、何回も初めてを、出会いを、触れ合いを繰り返しながら、必死に自分の生きる意味を問い続ける。

ページをめくる度に、由希の悔しさや悲しみに胸が揺さぶられ、涙が止まりませんでした。しかし読み終わった後には、胸が熱くなり、心に言葉にできない風を感じました。きっと私は、桜の香りと共に幸(ゆき)のように笑う由希を、この作品を思い出すことでしょう。

まとめ

読み終わった後、勢いで思ったことをそのまま記事にしました。感想になっているかが不安です。

今回「Hello,Hello and Hello」を読んで一番感じたのは、もっとこの作品を読んでいたかったということ。とにかくヒロインが可愛く、残酷な世界で生きる彼女の姿を、由希のした恋を、私は忘れないと思います。

ただ、ライトノベル1冊にまとめる関係なのか、主人公の事がよく分からないまま物語が終わってしまったように感じたので、この作品を好きになった私からすると、凄くもったいないなと思いました。

気になった人は下のリンクから、作品の半分くらいを試し読みをすることが出来ます。またWeb限定短編小説も公開されています。「Hello,Hello and Hello」を読み終わった人も是非どうぞ!

「Hello,Hello and Hello」を最後まで読んだあなたへ

「Hello,Hello and Hello」を読んでくださった皆様へ

『由希をひとりぼっちにさせないための、たった一つの冴えたやり方』

葉月文
(本編読了後にお読みください。ネタバレを含みます.。そして若干長いです) pic.twitter.com/fgaoRa4J8z— 葉月 文@「あの日、神様に願ったことは」発売中 (@myfragment) 2018年3月16日

この作品は、主人公に、読者に、作者に愛された「世界で一番幸せな恋の話」ではないでしょうか。

「Hello,Hello and Hello」の感想。この物語はきっと「世界で一番幸せな恋の話」。
最新情報をチェックしよう!