現在サイトのデザイン調整中です。ところどころ表示崩れていますが頑張って直しているので、少々お待ちください!
CATEGORY

ライトノベル

  • 2019年3月14日
  • 2019年4月16日

「Hello,Hello and Hello」の感想。この物語はきっと「世界で一番幸せな恋の話」。

あなたは、胸を締め付けられるような感動をしたことはありますか? 今回紹介するのは、「Hello,Hello and Hello」という作品です。 この作品は、一週間ごとに、築いた縁が、そこに居たという証拠が、交わした約束が消されてしまう少女の恋の物語。読み終わった後には、寂しさと幸せと色々な感情が溢れてきて、嗚咽を漏らすほど感動してしまいました。 間違いなくお勧めの1冊です。 画像引用元:http […]

  • 2018年9月16日
  • 2019年3月19日

王道ファンタジーを読むなら。「世界の終わりの世界録」の感想。

あなたは、数あるライトノベル作品の中から、「好きなファンタジー作品は何ですか?」と聞かれたら何と答えますか? ライトノベルの中でもファンタジー作品は、王道作品から、ちょっと変わった作品まで、作品数が多く存在します。 今回紹介する作品は、「世界の終わりの世界録」という作品で、落ちこぼれていた主人公が昔世界を救った英雄たちと出会い、世界の秘密を探しに旅に出るという王道ファンタジー作品です。 「世界の終 […]

  • 2018年1月23日
  • 2018年7月18日

「 魔人の少女を救うもの Goodbye to Fate 」の感想。選ばれなかった2人の小さな願いを叶える物語

皆さんは、勇者や英雄、壮大な世界観、細かい設定、etc…な作品に疲れてはいませんか。もっとシンプルな作品を読みたいと思っている人も多いかと思います。 そんな人に紹介したい作品が「魔人の少女を救うもの Goodbye to Fate」です。この作品はシンプルでありながら、主人公たちの姿に心打たれ、感動する作品になっています。 では感想をどうぞ! 画像引用元:http://r.binb.j […]

  • 2017年7月18日
  • 2018年7月18日

「86―エイティシックス―」感想。どんなに過酷な環境でも「人間の尊厳を示し続ける」物語。

今回紹介する作品は「86―エイティシックス―」という作品。 故郷に全てを奪われた登場人物たちと、それを指揮するヒロインの戦場で戦う者たちの覚悟を描いたSF作品となっています。 部隊を率いる主人公や、その周りのキャラクター達の、運命に抗い懸命に生きようとするスピアヘッド戦隊の生き様に感動し、最後の最後まで目が離せない作品になっています。 では感想をどうぞ! あらすじ “その戦場に死者はいない”――だ […]

  • 2017年5月23日
  • 2018年7月18日

「幼い女神はかく語りき」の感想。和風ファンタジーを読みたいあなたにオススメです。

今回紹介する作品は「幼い女神はかく語りき」という作品です。 作者の暇奈椿先生は、榎宮祐先生と共著で「クロックワーク・プラネット」を書かれていますが、今回は暇奈椿先生のソロ作品になっています。 では感想をどうぞ! あらすじ 時は古代、空白の四世紀――未だ神話が綴られる神秘と幻想の時代。この国のはじまりを築いた、はじまりの《士》の話。 ――邪馬台の侵略、異国の神々、異形のモノノケ、《化外》の民。真人と […]

  • 2017年1月16日
  • 2018年7月18日

「 インスタント・メサイア 」の感想。人間の愛が魔族にもたらすモノとは…。

小説家になろうにぜひ知ってほしい作品があったので今回記事にしました。作品名は「インスタント・メサイア」です。 作品が公開されてから、書籍化を今か今かとずっっっっと待っていたのですが、2018年3月25日に書籍の発売が決定しました! 「インスタント・メサイア」は、「小説家になろう」の作品の中でも群を抜いて面白い作品だと、確信を持っておすすめできる作品です! それほど、この作品の世界観に魅了されました […]

  • 2016年10月8日
  • 2018年7月18日

「我が驍勇にふるえよ天地」の感想。これぞまさに「本格ファンタジー戦記」傑作の1冊!

最近ライトノベルを見ていると、転生者や魔法などが活躍する作品が多くて、たまに王道な戦記物を無性に読みたくなります。 そんな時に見つけたのが、「我が驍勇にふるえよ天地」でした。 作者はあの「聖剣使いの禁呪詠唱」の著者である「あわむら赤光」先生。正統戦記物も書けるのかと作風の広さに驚きました。 では感想をどうぞ! 引用元:SBクリエイティブ「我が驍勇にふるえよ天地」公式ページ(http://www.s […]

  • 2016年8月4日
  • 2018年7月18日

「私、能力は平均値でって言ったよね!」の感想。ぶっとんだ能力の主人公が普通の女の子を目指す!

今回たまたま見かけた「私、能力は平均値でって言ったよね!」を読んでみました。 最近流行りの「異世界転生もの」かと思いきや、全体的に読みやすく、「ぶっとんだ能力の主人公が普通の女の子を目指す!」という設定に、気がついたらこの作品のファンになっていました。 「異世界転生ものかぁ。」と避けずに是非一度読んでもらいたい作品です。 では感想をどうぞ! あらすじ アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは […]

  • 2016年6月23日
  • 2018年7月18日

「 再臨勇者の復讐譚 」の感想。この物語は復讐から始まる英雄譚である。

今回は双葉社で発売される「 再臨勇者の復讐譚 」を読んでみました。 異世界ものの中でも珍しく、主人公がかつての自分の仲間に復讐していく話になります。ほとんどの復讐ものは情に流され復讐を完遂できな主人公が多いので新鮮に感じました。 今後の展開でどうなるかわからないですが、面白い作品でした。 では感想をどうぞ! 「 再臨勇者の復讐譚 」のあらすじ 異世界に召喚され、救国の勇者として戦い続けた高校生・天 […]

  • 2016年6月5日
  • 2018年7月18日

「りゅうおうのおしごと!」3巻の感想。才能と努力。夢を追い続ける事の難しさ。熱い回でした!

普段は優しいお姉さんキャラだった桂香の人間味の溢れる話でした。 天才が当たり前に出来ることが出来ない。苛立ちを周りにぶつけ、そのこと自体を嫌悪する。哀れを誘って同情を誘う。 今までと変わってシリアスな展開が目立ち、桂香にスポットを当てた回になっています。 では感想をどうぞ。 あらすじ 「あいも師匠と一緒に『おーるらうんだー』めざしますっ!!」 宿敵《両刀使い》に三度敗れた八一は、更なる進化を目指し […]

  • 2016年5月24日
  • 2018年7月18日

「ようこそ実力至上主義の教室へ」を読んでみた。不良品のDクラスの下克上が始まる!

結構宣伝とかで目にする「ようこそ実力至上主義の教室へ」ですが、ものは試しにと1巻を購入してみました。 どことなくバカとテストと召喚獣をイメージしてしまいますが、読んだ感じからすると「ようこそ実力至上主義の教室へ」の方がシビアな感じ。 爽快感とかはほとんど感じられない為、選ぶ作品かも。 では感想をどうぞ! あらすじ 希望する進学、就職先にほぼ100%応えるという全国屈指の名門校・高度育成高等学校。 […]

  • 2016年1月28日
  • 2018年7月18日

とうとう再会編!「ありふれた職業で世界最強」WEB版第3章を読んでみた!

2月25日に3巻の発売が予定されている「ありふれた職業で世界最強」ですが。 2巻を読んでからWEB版には手を出すまいと思っていました。しかしあまりにも続きが気になってしまい、とうとうWEB版を読んでしまいました。 第2章が終わりとうとう再会編に突入する第3章ですが、愛子先生香織たち勇者チームと再会します。 今回は第3章の感想を記事にしました。 ありふれた職業で世界最強 3 (オーバーラップ文庫) […]